長期滞在型・ロングステイ観光学会で2018年度に活動する分科会の編成が決まりましたので、お知らせいたします。
公開発表会の実施につきましては改めてWEBにてご案内いたします。
「インバウンド・ロングステイの需要と供給の調査研究分科会」
 代表申請者 有馬貴之(帝京大学)
「ロングステイに関する大学、各国政府機関の認知度調査分科会」
 代表申請者 山田美鈴(ロングステイ研究所)
ロングステイ人気国の査証制度と日本の長期滞在査証との比較研究分科会」
 代表申請者 林日南子(ロングステイアドバイザー協会)
各分科会の研究テーマの詳細についてはこちら → 2018年度分科会詳細.pdf